10年前に行ってから歯医者がきらい

最後に歯医者に行ったのは10年前です。

途中でめんどくさくなって一時中断そのまま治療放棄しました。

そして最近、別の歯が痛み出して、それでも歯医者に行かず、5か月間というもの痛み止めでだましだまし過ごしていました。

しかし痛みが段々エスカレートしていき、さすがに耐えきれなくなり歯医者へ治療に行きました。

さすがにかなり放置しすぎたので歯医者にはかなり怒られてしまいました。

なぜ歯医者が嫌いかというと、好きな人はあまりいないかと思いますが、小さいとき歯が痛み出したのですがやはり怖くて、母親に歯が痛いことを言えずにいました。言えばもちろん歯医者へ強制連行されるからです。痛み出してその日の夜とうとう我慢しきれなくなり母親にいうと母親はまだ営業している歯医者を探すべく電話をかけまくっていました。その当時夜も営業している歯医者はほぼありませんでした。困った母親は親戚や知人に尋ね、折り返しの電話がすぐにありました。

母親の知人の親戚が歯医者をやっていて、見てくれるとのことでした。病院の住所を聞きさっそく母親に引きずられ病院へ行きました。

先生より早くついてしまい。30分ほど待っていました。

そして先生が到着、母親には神様に見えたのかもしれませんが、私には悪魔のほか何物にも見えませんでした。先生はかなり不機嫌な様子だったように覚えています。

恐怖心からそのような記憶になっている可能性もあります。そして治療が開始されました。

最初はズキンズキンと神経のギリギリあたりまで削っていってる感じで痛みはありませんでしたが、やはり怖すぎて口をあけたまま、何とも言えない叫びを発し続けていました。しばらくして飛び上がるような痛みが全身に走りました。多分神経にあたったのでしょう。先生は痛かった?と聞いてきてたので、必死に

口をあけたまま、いたいと訴えました。なぜ口を開けたままだったかというと私が嫌がって口を開かないので金具を取り付けられていたのです。治療は進み痛みも極限状態になりました。

とうとう私は暴れだしてしまいました。先生は治療を止めようとせず、暴れる私を抑えながら治療していました。

さすがにできないと悟ったのか、私の体をベットの備え付けのバンドで固定し始めました。私は全く身動きが取れなくなり、地獄のような時間が過ぎていきました。

ほんとに痛くて意識が落ちそうだったような記憶があります。そして治療が終わり家に帰りました。

後々考えてみたのですがその治療の際、麻酔を打った記憶がありません、私の推測でしかありませんが、先生が、不機嫌だったからではないでしょうか。その病院へはその1回しかいっていません。

その病院を通り過ぎる度、記憶がよみがえります。