eurasiantransition製ホワイトニング歯磨き粉3つの効果と将来性2017

子供の頃は歯の色なんでほとんど気にしたことがありませんでした。
大人になってからも「芸能人は歯が命」なんてフレーズをテレビで見ても、「芸能人だったらね」と他人事のように思っていました。

芸能人のように歯を白くするホワイトニング歯磨き粉3つの効果のひみつ

それが、歯列矯正を始めたころからでしょうか。
毎月、診察の際に「い」の口をしてさらに両側から口を横にひっぱった状態で歯の写真を撮っていただくので、歯並びはもちろん、歯の色を正面から見ることになります。
「え、私の歯の色ってこんなにくすんでるの!?」衝撃を受けました。
歯列矯正が進み、歯がキレイに並んでくると、余計に歯の色が気になりました。

歯医者さんに聞いてみると「子供の頃、身体が弱かったですか?」と、占い師さんのようなことを言われました。
私の歯の色がくすんでいるのは、あるときまでよく使われていた抗生物質の影響とのことでした。

永久歯が造られる時期に、その抗生物質を飲んでいた人はみんな、歯の色がくすんでいるそうです。
最近ではその抗生物質は使われなくなったので、若い人やお子さんは歯の色がきれいなのだそうです。
占い師さんが「あなた子供の頃、身体が弱かったんですね」なんて言われるときは歯の色も見てるんでしょう。

確かに超音波でも歯は白くすることができますが、ホワイトニング歯磨き粉を使うのが一番の方法である事に間違いはないでしょう。

歯列矯正が終わり、矯正装置を外してもらうと・・・ますます気になる歯の色です。
お世話になった矯正歯科でホワイトニングも受けられるとのことでお願いすることにしました。
ホワイトニングは歯医者さんでしてもらう「オフィスホワイトニング」と、家で自分でする「ホームホワイトニング」があると説明を受けました。

効果は個人差があるとのことで、まずは歯医者さんでオフィスホワイトニングをしてもらうことにしました。
これが、予想以上にしみました。
施術が始まってしばらくすると、感じた事のない種類の「キーン」とした痛みが頭まで抜けました。
痛い思いをしたにもかかわらず1回のオフィスホワイトニングでは、予想ほど白くはなりませんでした。
というか、「え、変化なくないですか?」と言いたくなるくらいでした。
人によっては1回でもっと白くなるそうです。
痛みの感じ方も、全然平気な人もいれば、私のように強い痛みを感じる人もあるそうです。

ホワイトニングの薬剤も様々なものがあるそうで、歯医者さんによってその効果、沁み方はかなり差がありそうです。
人の歯はワニのように何度も生え替わりません。
ホワイトニングといえども、信頼出来る歯医者さんで行いたいものです。

珈琲やワイン、喫煙など外からの影響で歯の表面に着色があるだけの場合はホワイトニングの施術をすれば比較的早く白くなるそうです。
私のように、幼い頃の薬の影響で、歯の内側から色にくすみがある場合、時間がかかるとのことです。
マウスピースを作ってもらって、ホームホワイトニングも続けています。

その点、ホワイトニング歯磨き粉は自分で出来る方法の中では歯を白く綺麗にすることができる一番良い方法だと言えるでしょう。

ホワイトニング歯磨き粉の公式サイトには下記のように記述がなされています。

ホワイトニング歯磨き粉は有名メーカーや製薬会社、海外ブランド等たくさんの商品が販売されています。

ですが、粗悪な商品もあるという事は紛れもない事実。

ずばり、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ基準は3つです。

①信頼できるメーカーが販売していて、衛生面・品質面共に安心できること

②しっかりとホワイトニング効果を期待できる良質な成分が配合されていること

③成分、品質に対してコスパが良く無理のない価格であること

以上の3つを満たす歯磨き粉を選んで、使い続ければ歯は必ず白くピカピカに維持できるでしょう。
出典元サイト:ホワイトニング歯磨き粉【公式】

上記の内容からも分かる通り、ホワイトニング歯磨き粉はしっかりと良い製品さえ選べば歯を白く綺麗にすることができるのは専門家の視点からみても間違いはないのです。

以前よりは少し明るい色になってきたように思いますが、「白い歯ね」と言われるにはまだ少しかかりそうです。

私は20数年に渡り歯科助手の仕事をしていました。とてもやりがいのある仕事でいろいろな経験をしましたが、そのなかで感じたのは女性は歯がキレイになると外見はもちろん内面もとてもキレイになるということです。

ある30代女性の患者さんのお話です。初めて来院されたとき、こう言ってはなんですがとても30代には見えませんでした。前歯は上下抜け落ちたり虫歯で欠けてしまったりボロボロで、奥歯に至ってはほとんどが歯の根っこが残っているだけという状態。そうなると咬み合せも定まらずに顎が曲がってしまってました。お化粧もしない方のようで、髪もボサボサ。

小さいお子さんが3人いらっしゃったので、家事や子育てで忙しいのもあるのかな?と思っていました。治療の際、お話をしていてもどこか自信なさげで声も小さく「お任せします。」というのがほとんどでした。こういう患者さんは経験上、気になる歯や痛い歯が治ってしまえば治療に来なくなってしまうケースが多いのですが、その患者さんはきちんと通院してくれました。奥歯の治療と並行して前歯の再築を始めてある程度仮歯などで見た目がキレイになってきた頃から、患者さんはお化粧をしてくるようになってきました。初めは本当にうっすらとだったのですが、歯や顎が正常な状態に近づいてくるにつれてどんどんキレイにお化粧をしてこられました。

そのうち髪型や服装もお洒落を意識されるようになってきて、会話のときの声もしっかりとしご自身の意見や希望も伝えてくれるようになりました。先生や他のスタッフたちも「○○さん、最近キレイになってきましたね!」とその変化にビックリしていました。治療終了の日には「みなさんのおかげで本当に今までコンプレックスだった歯がこんなにもキレイにしていただいて、私自身ももちろんですが主人も子供たちもみんな喜んでくれて嬉しいです。」と言って涙されていました。

何があってそこまで口腔内が崩壊してしまったのかわかりませんが、失いかけていた自信や美意識や健康までも取り戻された患者さん。歯の治療はただ機能を回復するだけではなく、その人の人生をより豊かにするお手伝いでもあると思います。近年ではホワイトニングや歯列矯正など、治療とは別に審美歯科への意識も高まってきていますね。

男性の方ももちろんですが、女性の方は今よりもっとキレイになりたい・若くなりたいと思っていらっしゃるなら、お化粧品やお洋服にお金をかけるのも良いですが、歯にもお金をかけるというのも効果は大きいですよ。

歯を白くしたい!と思ったのであればホワイトニング歯磨き粉を使って毎日の歯磨きをする事を推奨します。